ノートパソコン

ノートパソコン

PCには、基本的にデスクトップパソコンとノートパソコンという2種類のハードに分かれます。一般的な家庭、オフィスにおいて導入されているのは、この2種類のどちらかです。では、ノートパソコンはどのようなPCハードかというと、デスクトップパソコンに比べて、小型な特徴があります

ノートパソコンは、大型で重量が重いデスクトップパソコンと対照的に、小型で重量が軽いPCとなっており、用途が大きく異なります。 また、ノートパソコンは、折りたたみ自転車のような折りたたみ式のものがほとんどで、使用しないときはよりコンパクトな状態にすることができます。デスクトップパソコンには、折りたたみ式のものはなく、常にモニターの液晶がむき出しの状態になります。ノートパソコンは、折りたたむと液晶とキーボードが隠れるので、持ち運びに適していますし、液晶とキーボードが破損しにくいメリットがあります。 ノートパソコンは、PC本体、モニター、キーボード、マウスが独立しているデスクトップパソコンと異なり、それらが一体化しています。ただし、マウスに限っては、デスクトップパソコンと同様、独立しており、取り外しが可能です。PC本体、モニター、キーボードは独立していません。

    Copyright(C) PCマニアが教える・PC購入の際に抑えておくべきポイント All Rights Reserved.