デジタルカメラ

デジタルカメラ

デジタルカメラはPCの周辺機器の1つであり、とてもPCと関係の深い機器です。デジタルカメラで撮った写真は、画像データとして付属メモリーカードに保存されますが、その付属メモリーカードをPCの専用接続口に接続することで、撮った写真をPCへ送ることができるのです。ただし、PCに専用接続口がない場合は、付属メモリーカードを接続することができないので、あらかじめPCにデジタルカメラの付属メモリーカードを接続することができるかどうかを確認しておく必要があるでしょう。

PCにデジタルカメラで撮った画像データを送ってからは、PCを活用してさまざまなことが可能になります。たとえば、画像の編集をすることができます。PCのソフトウェアやアプリケーションを利用すれば、画像データの閲覧はもちろん、さまざまな編集がPC上で可能です。普通カメラといっても、撮影したら撮影した時点のものが写真となりますが、PCのソフトウェアやアプリケーションを用いることで、後から見栄え良くすることもできるのです。

また、プリンターと併用することで、写真の印刷をすることができます。自宅のプリンターで行いますから、枚数制限などなく、好きなだけ印刷できるのも大きなメリットですね。

    Copyright(C) PCマニアが教える・PC購入の際に抑えておくべきポイント All Rights Reserved.